2015.08.18

福田正博が分析。ハリルJの「決定力不足」の原因は何か

 それは、ボール保持率を高めることでも、速攻をしかけることでもなく、「ゴールを奪う」こと。

 ゴールを奪うための手段としては、「ボール保持率を高める」ことや「速攻」など、いくつか選択肢がある。ここで注意してほしいのだが、ボールを保持することと速攻をすることは、「手段」であって「目的」ではない。目的はあくまでも得点を決めること。そこを勘違いしないようにしたい。

 そのうえで、よりゴールの確率が高いのはポゼッションなのか、速攻なのか、あるいはサイド攻撃などほかの選択肢なのかを、状況に応じて使い分けられる「引き出しの多さ」が必要なことは言うまでもない。

 ハリルホジッチ監督は、ボールを奪ってからの判断の優先順位を、「ボール保持」から相手ゴール近くへの「縦に速い攻撃」へと変えてきたと思う。なぜなら、相手からボールを奪った直後が、相手の守備がもっとも甘くなっているからだ。

 これは「縦に速いサッカー」と言われているが、判断基準を「ゴールに直結するダイレクトプレー」というサッカーの原理原則に戻したともいえる。もちろん、判断が悪い場合、技術が低い場合は縦パスが通らず、単調な攻撃になることはあるが、選手に植え付ける意識として間違っていない。