2015.07.27

福田正博が期待する東アジア杯ハリルJの「新戦力」

  • 津金一郎●構成 text by Tsugane Ichiro

 ボランチは、柴崎岳(鹿島)が故障を抱えているので誰が先発になるのか微妙な部分もあるが、国際経験豊富な山口蛍(C大阪)、守備に定評のある谷口彰悟(川崎F)も名を連ね、レギュラー争いがどうなっていくのか楽しみだ。

 多士済々のボランチで、私が期待しているのは米本拓司(FC東京)だ。彼には以前から注目してきたが、Jリーグ2ndステージの試合を見た限りでは以前のようなインパクトがない。元来はいいものを持っている選手だけに、アグレッシブさを前面に出して、代表のボランチ争いを活性化してほしい存在だ。

 DF陣は8人が選ばれたが、4バックを敷くならCBは森重真人(FC東京)と槙野智章(浦和)がつとめることが予想される。問題はサイドバックだ。長友佑都、内田篤人、酒井高徳、酒井宏樹の4選手が長く代表のSBをつとめてきただけに、国内組で彼らに匹敵する実力のあるSBはまだ少ないと言わざるを得ない。

 左の太田宏介(FC東京)は代表経験があるものの、国際経験が豊富とは言えず、藤春廣輝(G大阪)も代表歴はまだ1試合。右の米倉恒貴(G大阪)は初の代表選出になる。所属クラブでは3バックとして出場している水本裕貴(広島)、遠藤航(湘南)を含めて、DFラインをどう組むかは監督の腕の見せどころになりそうだ。