2015.03.26

湘南・山田直輝の決断「浦和から出ることは悩まなかった」

  • 浅田真樹●文 text&photo by Asada Masaki

「この1年かけて、前の自分に戻るんじゃなくて、新しい自分を成長させられるようにと思って、今はやっています」

 新天地に渡って2カ月あまり。まだ「新しい自分」を語るのは早過ぎる。それでも、山田は湘南での充実した日々をかみしめるように、力強く語った。

「間違いなく前には進んでいると思っています」

 なるほどトレードマークでもある童顔は心なしか頬のあたりがシャープになり、精悍さが増した。文字どおり“ひと皮むけた”印象だ。

「よく言われます(笑)。(J1開幕戦のときに)浦和の人たちにも『絞れたな』って言われましたから。でも、体重には特に変化がないし、自分ではよくわからないんです」

 若き才能は、雌伏のときを経て、再び成長の階段を上り始めている。

関連記事