2015.03.06

福田正博が危惧する「今季の浦和レッズ唯一の弱点」とは?

  • photo by Yamazoe Toshio

 なぜなら、日本人は積み上げていく作業が得意で、継続していく忍耐力があると思うからだ。今までの浦和は、我慢が足りなかった。それが、我慢して継続できるようになって、結果を残しつつあるといえる。今の浦和には、ペトロビッチ体制で着実に積み上げてきたものがある。

 そこは腰を据えてやっていくというクラブの「覚悟」が見てとれる。ただし、ペトロビッチ監督に「丸投げ」になってはいけない。監督をバックアップするというのは、監督にすべてを任せることではない。ましてや監督の思うような選手を全部取ってくることでもない。それに、浦和だからこそという特色や伝統を持っていてほしい。強化部、GM、クラブスタッフ全員が、クラブとしての魅力や、大切にしているものを加味してほしい。

 今季、ACLに出場することで浦和の試合数は昨年よりも増える。だが、必ずしも多いとはいえない。コンディションを整えることに注意していけば、十分戦っていけるはずだ。それに、現時点で日本代表選手がGK西川周作だけということを考えれば、問題はないだろう。

 たとえば、プレミアリーグでチャンピオンズリーグに出ている上位クラブは、先発は全員と言っていいほど代表選手だ。そのため、選手は代表とクラブの両方で試合に出て過密日程になり、コンディションの維持が難しくなっていく。それに比べれば浦和がこなす試合数は少なく、代表に招集される選手も少ないのだから、試合数が多いことを言い訳にしてほしくない。