2015.02.10

福田正博「なぜ日本人FWはシュート意識が低いのか」

  • 津金一郎●構成 text by Tsugane Ichiro photo by Hara Etsuo

 もちろん、課題もある。オフ・ザ・ボールの時にチームにどれだけ関われるかだ。守備について言われることが多いが、攻撃時もチームから取り残されたような状況になるケースがある。そのことを自覚してスプリントの数を増やし、効果的な運動量を増やしてもらいたいと思う。

 ゴール前での力は間違いなく優れたものを持っている選手だ。宇佐美が他の日本人選手と決定的に違うのは、「シュートを打つ意識の高さ」。彼はシュートコースを作るためにドリブルを仕掛け、わずかなギャップが生じたのを見逃さずにシュートを打つ技術を持っている。

 これは欧州や南米ではFWとして「当たり前のプレー」だが、日本人選手には少ない。宇佐美は高いシュート意識を持つタイプだけに、彼が代表入りしてどんな化学変化をもたらすのかを見てみたい。
前編はこちら>>

緊急特集「よみがえれ! 日本サッカー」

関連記事