2014.11.15

【ブラインドサッカー】世界選手権が開幕!目指すは「ベスト4」

  • 瀬長あすか●取材・文 text by Senaga Asuka
  • 吉村もと●写真 photo by Yoshimura Moto

 さらに、アジアパラではもうひとり献身的な“日本人プレイヤー”の姿があった。今年1月に日本国籍を取得した、ブラジル・サンパウロ生まれの佐々木ロベルト泉(36歳)だ。

 18歳で出稼ぎのために来日したロベルトは、2006年に交通事故で失明。ブラインドサッカー歴は約3年だが、格闘技で鍛えたフィジカルの強さを買われ、昨年から強化合宿に呼ばれるようになった。世界で戦えるこのサッカーに魅了されて日本国籍を取得し、3月の親善試合から日本代表としてピッチに立っている。

「ブラインドサッカー歴の浅い僕がどんどん上手くなれば、みんなもっとがんばる。日本代表になって一番よかったのは、そういう存在になれたことかな」と佐々木。

 アジアパラでは、持ち前の当たりの強さでチームの堅守に貢献した。

「韓国との一戦では、カトケン(加藤)に気合いが入っているなと気づいたから、『僕が守るからここは任せてどんどん上がれ』と自分から動いた」と言い、仲間を生かすプレイにも自信を持つ。

「生まれ育ったブラジルで開催される2年後のパラリンピックにも出たいけれど、いつか日本が世界ナンバーワンになること。それが僕の夢です」

 それぞれの思いを胸に、日本代表は総力戦で世界に挑む。

IBSAブラインドサッカー世界選手権2014
【開催日】11月16日(日)~24日(月・祝)
【会場】国立代々木競技場フットサルコート
チケットはこちらから>>

【テレビ放送】BSスカパー!
日本の3試合はもちろん、最大7試合を放送予定。
詳しくはこちら>>http://www.bs-sptv.com/b-soccer

関連記事