2014.06.05

W杯直前。サッカーを取り巻くメディアはどうあるべきか

  • photo by Getty Images

「なんで俺ばっかり批判されるんだ」と言う選手もいるかもしれないが、ボールに触って、プレーしているから批判されるのであって、ボールに触らなかったら採点すらされないということ。それに、ミスを指摘されたからといって文句を言っていては、強いクラブではプレーできない。

 自分の持っている力をどんな状況でも出せるメンタリティを持っているかどうか。それによって、その選手がどのレベルのクラブでプレーできるか決まってくる。強いチームであればあるほど、多くのプレッシャーがかかるのは当たり前。プレッシャーがかかっても、それに耐えて、自分の技術と力を最大限に出せる選手でなければ、ビッグクラブでプレーはできないはずだ。つまり、プレッシャーに耐えられることも、プロ選手の資質のひとつといえる。

 そういった点で、現在の日本代表の選手は間違いなくタフになっている。本田も、長友も香川も岡崎慎司もそう。内田篤人や長谷部誠も、精神的に非常にたくましくなっている。欧州の厳しい環境でプレーして、欧州のメディアに厳しい目で評価されているからだ。

 いよいよW杯が開幕する。タフになって、強くなった選手たちが、ブラジルで躍動する姿を楽しみにするとともに、各国メディアがどのような報道をするかにも注目したい。

関連記事