2014.05.12

ザックジャパンのボランチ、ベストな組み合わせは?

  • photo by Getty Images

 私の考えでは、先発の組み合わせはやはり遠藤と長谷部。そのうえで長谷部の調子が上がってこないときは、遠藤と山口のコンビという考え方もある。山口は先発でも途中からでもゲーム展開によって起用できる。

 細貝の先発はほぼ考えられない。細貝は「クローザー」としてベンチに必要だと私は考えている。

 そうなると、青山を23人に入れるかどうかの判断が難しい。

 もちろん、青山は非常にいい選手だ。所属チームでもいい状態で、コンディションがいい。パスも出せる。だが、先発を誰にするかということを考えた時には、実績のある遠藤や長谷部と比べると厳しい。一方で、途中出場でどうかということを考えてみても、特徴がはっきりしていてわかりやすい細貝をザッケローニ監督は選ぶのではないだろうか。細貝は、たとえば1点リードしている後半に、チームに守備を意識させるための交代のカードとしてベンチに置いておきたい選手だ。

 もし試合途中から青山を起用する場合、守備というより攻撃的にするために投入する狙いがあると思うが、攻撃的にするのであれば、FWをひとり入れた方がより意図がはっきりする。そうすると、青山は選びにくくなる。

 遠藤と長谷部が先発で、長谷部の代わりが山口で、最後のクローザーとして細貝。その4人が選出されるのではないかと思う。

 ザッケローニ監督が選考する23人のメンバーの顔ぶれのなかでも、ボランチの人選に注目したい。

関連記事