2014.05.02

ガンバやジュビロよりも厳しい!?名古屋は光明を見出せるか

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki photo by AFLO

 とはいえ、すぐに負傷者復帰のメドが立つはずもなく、名古屋の苦境はしばらく続くと予想される。加えて現在のJリーグは、ゴールデンウィーク中とあって4月26日から中2日、中3日、中2日で4連戦という過密日程。台所事情が苦しい名古屋にとっては、まだまだ厳しい戦いが続くことになる。

 柏レイソルでネルシーニョ監督との確執により構想外となったMFレアンドロ・ドミンゲスの獲得に、名古屋が早速動いたのも危機感の表われだろう。2011年JリーグMVP選手の加入で、浮上のきっかけをつかみたいところだ。

 世界有数の混戦リーグであるJ1は、どこが優勝しても不思議はない一方で、どこがJ2に降格しても不思議はない。事実、過去にJ1優勝の実績を持つクラブでさえ――昨季はジュビロ磐田が、一昨季はガンバ大阪が――J2降格の屈辱を味わっている。

 そんな前例をもはや対岸の火事とは言っていられないのが、今の名古屋ではないだろうか。

関連記事