2014.02.07

今年こそレッズが変わる。早くも表れた「GK西川・効果」

  • 神谷正明●文 text by Kamiya Masaaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 今の浦和のプレイスタイルでリーグ最少失点を目指すのは容易ではない。西川は“ミシャスタイル(ペトロヴィッチ監督のサッカー)”という同じ遺伝子を持つ広島で昨季リーグ最少失点を記録したが、今の広島はペトロヴィッチ監督が采配を振るっていた時代よりもディフェンスの戦術が整備され、GKにかかる負担も軽減されている。

 システムは似ていても、浦和ではよりシビアな対応が求められる。西川自身、それは十分に承知している。

「広島の場合は、守備の際はかなり引いて、ブロックを作って守るのがひとつのやり方だったので、(前がかりになって)中央から崩されることはあまりなかった。浦和は人数をかけて攻めている時間が長い。そのときに(相手のカウンターに備えて)DFにいかにいいポジションを取らせるかがポイントになる」

 攻撃的な姿勢を貫く浦和で、失点を減らすには何が必要か。西川はそれを理解しているからこそ、最後尾からリーダーシップを発揮し、守備陣をまとめ上げようとしている。

 決して気迫を前面に押し出すタイプではないが、早くもその存在感が際立っている西川。広島時代からともに戦う森脇は、そんな「守護神」の頼もしさを端的に言い表す。

「後ろにいてくれるだけで心強い」

 ここ数年、断然の優勝候補に挙げられている浦和レッズ。今季は、いや今季こそ、躍進する姿が見られるかもしれない。

関連記事