2014.01.13

京都橘・小屋松知哉、高校サッカー敗退後に誓った「Jでの飛躍」

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 小内慎司●撮影 photo by Kouchi Shinji

 そして小屋松は、京都橘・米澤一成監督からの「3年生は次のステージでこの経験を生かしてもらいたい」という激励に応えるように、「(米澤監督からは)いろんなことを学んだが、恩返しし切れなかった。次のステージで違う形で恩返ししたい」と力強く語る。

 小屋松が口にした「次のステージ」とは、言うまでもなくJリーグ。そこが次なる勝負の舞台となる。

 小屋松が加入する名古屋は、2010年にJリーグ初制覇を果たすなど、一時代を築いたものの、この2年は優勝争いにも加われていない。現在は世代交代期に入っており、苦しい状況ではあるが、言い換えれば若手にとっては大きなチャンスだ。特に小屋松のように明確な武器を持つ、“一芸に秀でた選手”は早々にチャンスを得られる可能性も十分にある。

「(Jリーグに進んで)どうなるかは自分次第。1年目からレギュラーを狙っていきたい」

 高校サッカー界屈指のストライカーは舞台をJリーグに移し、新たな挑戦を始める。

大会の詳細はこちら>『ストライカーDX』では
「第92回全国高校サッカー選手権大会」期間中、全試合のレポートを掲載! 


他の2014年注目のアスリートたちはこちら>

関連記事