2013.10.11

山口素弘が語る「横浜フリューゲルスの思い出」

  • 松本直也●撮影 photo by Matsumoto Naoya

 フリューゲルスで、僕はさまざまな人と出会うことができた。加茂監督はもちろんのこと、エドゥー、サンパイオ、ナラ、アツ、前田浩二……。それに同期入団で7年間ずっと一緒だったサツ(薩川了洋)は、特別なチームメイトだ。まさか、サツが監督をやるとは思わなかったが(現JFLのFC琉球監督)、近い将来、監督として対戦するのを楽しみにしている。

 フリューゲルスでやり残したことは、やはりリーグ優勝だ。自分が育ったチームが、たとえJ2に降格していても、存続していれば、いつかはリーグ優勝の瞬間を見届けることもできるかもしれないし、タイミングが合えばチームに関わることもできる。でも、なくなってしまった今では、それはもう叶わない。

 今の若い世代のサッカーファンが、横浜フリューゲルスの存在をどこまで知っているのか、僕にはわからない。ただ、あの15年前の2カ月間の怒り、悔しさ、苦しさ、そして悲しみは、もう誰にも味わってほしくはない。

 今でも毎年、秋が深まる10月末になると、僕は横浜フリューゲルスを思い出す――。

渡辺達也/構成

プロフィール profile
山口素弘 Yamaguchi Motohiro
1969年1月29日群馬県生まれ。
91年に全日空サッカークラブ(横浜フリューゲルスの前身)に加入。99年に横浜フリューゲルスが消滅するまで主軸として活躍し、その後は名古屋、新潟、横浜FCでプレイ。日本代表としては1998年W杯フランス大会に出場した。2007年引退後、解説者を経て、2012年3月より横浜FC監督を務める。

【Infomation】
10/10発売のメンズノンノ11月号では、こちらのインタビューと連動する形で「祝20周年! 今だからこそ振り返る。 Jリーグの話をしよう。」という特集を掲載。
福田正博、山口素弘、福西崇史の3氏のインタビューのほかにも、メンズノンノ誌面に登場した若き日本代表選手たちのクロニクルや、ファッション業界のサッカー好きが語るJリーグの名場面といった見逃せない企画満載です。
webスポルティーバ読者のみなさんもぜひチェックしてください! 
メンズノンノ公式ウェブサイトhttp://www.mensnonno.jp/
http://www.mensnonno.jp/

関連記事