2013.04.15

【Jリーグ】いまだ勝利なし。
「風間スタイル」を貫く川崎は危機的状況?

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki 松岡健三郎●撮影 photo by Matsuoka Kenzaburo

 昨季途中に風間監督が就任して以来、川崎は勝ったり負けたりを繰り返しながらも、それなりにやろうとしていることの片鱗は見えはじめていた。少なくとも1試合に何度かは、テンポのいいパスワークからシュートに至る形ができていたのだ。にもかかわらず、開幕前のキャンプで準備を進めてきたはずの今季が始まってみると、そこから何かが進展したようには感じられない。

 苦境に立たされてもなお、風間監督は「このサッカーをやるのに一番大事なのは自信」だと言い、中村も「下を向いてもいいことは何もない」と語る。

 だが、仮に試合内容がよかったとしても、これだけ勝てない試合が続けば、自信を持って戦うことは難しくなる。ましてや試合内容がよくないのだから、なおさらだ。このままなら、昨季のガンバ大阪の二の舞になりかねない。事実、第6節終了時点での勝ち点で川崎は、昨季のG大阪(勝ち点4)を下回っているのである。

 開幕から6試合。結果ばかりではなく、すでに試合内容も悪化傾向にある。川崎が置かれた状況は、もはや危機的レベルにあると考えたほうがいい。

 このまま理想を追い求めるのか。あるいは、より現状に即した戦術へと舵を切るのか。今後の風間監督の判断が注目される。

関連記事