2013.03.19

【Jリーグ】「クレオ効果」に、柏の覇権奪回が見えた!?

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 ネルシーニョ監督も「順応性、経験値が高い。ポストプレイヤーとして状況に応じてキープして周りを使いながら、自らもゴール前に入っていける」と、クレオの能力を高く評価する。

 なかでも、その恩恵に授かっているのは2列目のMFだろう。柏のエースでもある、MFレアンドロ・ドミンゲスは「前線に身長の高い選手がいてくれると、自分としてはやりやすい」と言い、こう続ける。

「クレオは高さがあるだけでなく、頭もいい選手。足元の技術にも優れているので、自分がパスを出せばワンツーで返してくれたりして、連係もうまくいっている」

 柏がJ1優勝を果たした一昨季、年間MVPを獲得したレアンドロ・ドミンゲスだが、今季も開幕早々、当時の活躍を思い出させるようなキレのいい動きを見せている。当然、彼自身のコンディションのよさもあるが、クレオとの好連係がそれを可能にするのだろう。

 加えて、今季の柏に見られる「クレオ効果」は攻撃面だけではないと、レアンドロ・ドミンゲスは言う。

「クレオは前線から走り回って、みんなのために(相手選手の)マークについてくれる」

 攻撃から守備に切り替わる際、サボることなく前線の選手が正しいポジションを取り、相手の攻撃を抑えていくのが柏の持ち味。そのために必要な役割を、地味ながらクレオは確実にこなしている。キャプテンのMF大谷秀和が口にした「(加入当初に比べ)運動量が増えてきた」という言葉は、クレオがチーム戦術にフィットしてきたことを物語る。

 とはいえ、この新戦力はまだ実力のすべてを発揮していたわけではない。レアンドロ・ドミンゲスが語る。

「試合を重ねるごとに、クレオとの連係はもっとよくなる。(まだ開幕したばかりで)みんなの試合勘もこれから戻ってくるし、そうなればもっと連係も高まってくる。今まで以上の試合ができると思う」

 また、ネルシーニョ監督も「クレオはまだベストではない。これからに期待している」と語っていたように、さらなる「クレオ効果」は十分に見込まれる。

 それだけに、J1での覇権奪回、そして初のACL制覇を目指す柏にとっては、クレオのケガが重篤なものでないことを願うばかりだろう。

 ネルシーニョ監督がずっと探し求め、ようやく手にした大型FW。クレオは柏に新たなタイトルをもたらす可能性を秘めている。

関連記事