2013.02.22

【Jリーグ】遠藤も歓迎。ガンバを劇的に変えた『長谷川イズム』

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun

 グアム、宮崎キャンプを終えて、長谷川監督は「おおむね順調」と語った。そう発したひと言からは、確かな手応えが感じられた。遠藤も、「選手の戦術理解度は高まっているし、やろうとしていることも徐々に浸透している。ここまでは順調です」と、充実した表情を見せた。

 初めてのJ2での戦いは確かに未知数だ。それでも、ガンバの練習風景、選手の表情や言葉を聞いている限り、自分たちのレベルをさらに押し上げて、奢ることなく戦い抜こうという、強い意気込みが伝わってきた。

 遠藤が言う。
「無敗というのは難しいけど、目指すのはそこ。それができるかどうかは、相手うんぬんじゃなく、自分たち次第でしょ。相手が引いてきたら、その分、ボールを回せるわけで、それを生かしてどういう形を作っていくかが大事。逆に、相手が前から仕掛けて来てくれれば、それはそれで戦いやすくなる。まあ、どういう状況にも対応できるように、自分たちがレベルアップしていかないといけないし、それができれば目指すところにもいけるんじゃないかな、と思っている」

 守備が大幅に改善されて、ぬるま湯的な体質からも脱したガンバ。厳しさを伴った戦う集団になりつつある今季、前例のない記録的な勝ち点を残しても不思議はないだろう。

関連記事