2012.11.24

【Jリーグ】
J1昇格プレイオフで手腕を発揮した若手監督たちの存在感

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Nakanishi Yusuke/AFLO SPORT

 それに比べれば、40代前半で若いなどとは言っていられない。実績のある監督や外国人監督にすがるばかりでなく、彼らのような可能性を秘めた若い日本人監督にも、もっともっとチャンスが与えられていいはずだ。

 いかなる名将でも、はじめから経験豊富だった監督などいるはずがない。勝つと負けるとでは大違い。そんなしびれるような試合を重ねることで、名将への階段を登っていくのである。J1昇格プレイオフという大一番は、選手たちだけでなく、若手監督たちにとっても貴重な経験となったはずだ。山口監督は「こういう(悔しい)思いをしたから、来季に向けて余計に力が湧いてくる」と話す。

 日本のサッカーがさらにレベルアップするために、育成すべきは選手ばかりではない。そんなことを感じた、初のJ1昇格プレイオフだった。

関連記事