2012.11.18

【Jリーグ】崖っぷちのガンバ。遠藤が語る、J1残留への悲壮な決意

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 ガンバにとっては、残り2試合に向けて、明るい材料がいくつも見える試合でもあった。

「自分たちはどちらかというと、守備のブロックを作ってがっちり守ってくるタイプとか、ロングボールを蹴ってフィジカル勝負でくる相手には苦戦していた。逆に、パスをつないでくるチームには、相性がいい。今日対戦したエスパルスはつないでくるチームなんで、プレスがうまくハマった。前線からの守備の意識が高かったし、自分たちの追い込み方も良かったから、前半は相手にほとんどいい形を作らせなかった。これまでの(ガンバに)足りなかったものが、うまく出た感じだった」

 遠藤が言う「足りないもの」とは、まず守備の意識だ。これまでのガンバは簡単に失点することが多く、前節の柏レイソル戦でもわずか2本のパスでサイドから失点した。そうしたものが積み重なってリーグ2位という失点になっていた。しかしエスパルス戦では、攻守の切り替えが早くなり、ボールを取られた後、素早くボールホルダーにプレスをかけた。球際も厳しくなり、守備に迫力が出てきた。

 攻撃面でも、これまでレアンドロのスピードに頼るカウンターからの得点が多かったが、この試合ではガンバらしいパスのつなぎからゴールを奪った。特に3点目は、レアンドロが前線でボールをキープして二川孝広にパス。二川から左サイドでフリーだった倉田秋に渡り、そのまま倉田がフィニッシュを決めた。「あの形は、すごく良かった」と遠藤も絶賛したゴールは、流れるような動きとスムーズなパスワークから生まれ、強かったガンバが戻ってきたような形だった。

「欲を言えば、相手をゼロに抑えたかった。PKとはいえ、セットプレイから与えたもの。これまでもそうだったけど、そこは解消しなければならない課題。あと、失点する前に自分たちで追加点を奪って、試合をもっと優位に進めるようにならないといけない。まあでも、全体的には良かったんで、次もこういう試合ができればな、と思っています」(遠藤)

 攻守に光明が見えて、ガンバは残り2試合にJ1残留の活路が見出せた。しかし、勝ち点2差で追う15位のヴィッセル神戸、勝ち点3差の14位大宮アルディージャもそろって勝利。勝ち点差を縮められず、J2降格圏からは脱出できなかった。