2012.11.18

【Jリーグ】師弟対決を制した浦和ペトロヴィッチ監督、
広島に愛ある「ダメ出し」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 幸いにして、2位仙台が鹿島と引き分けたことで、勝ち点差は2から1へと縮まったものの、広島は首位を守った。広島が現時点で自力優勝の可能性を残す唯一のクラブであるという状況に、何ら変わりはない。森保監督が言う。

「まだ我々がトップにいる。持っている力を出して勝利すれば、必ず優勝できる位置にいる」

激しいJ1優勝争いも、残すは2節のみ。果たして広島は、前監督の愛のムチに応えることができるのか。森崎和は言う。

「何を言われようと、ふたつ勝って頂点に立てばいい」

 落ち着いた表情でそう話す教え子を見れば、ペトロヴィッチ監督も頼もしく思うはずである。

関連記事