2012.11.08

【Jリーグ】大きな勝ち点3を手にした広島。優勝への準備は整った

  • 原田大輔●文 text by Harada Daisuke
  • photo by Getty Images

 また、心強いのは、本格的なものとしては初めて身を置くこととなる優勝争いの中で、選手たちはその緊張感を楽しんでいることだ。佐藤寿人が言う。
「今日のようにアグレッシブさを持って、しっかりゲームをコントロールして、この状況を楽しみたいですね」

 森﨑和も続ける。
「プレッシャーはありますよ。そのプレッシャーをはね除けてこそ、頂点に立てると思いますし、プレッシャーの中でやれる喜びというのもある」

 彼らは優勝争いの重圧に押しつぶされるのでもなく、緊張感に支配されるのでもなく、選手としての充実感を得ていた。森保監督がたくましくなったと感じるのも頷(うなず)ける。

 そして、札幌戦で1得点1アシストの森﨑浩は強い眼差しでこう語る。
「森保監督はいつも言ってくれるんですよね。チャレンジャー精神を持って戦ってくれ、と。優勝争いしているプレッシャーを楽しみ、幸せだと思ってプレイしてくれ、と。すべての責任はオレが取るから、みんなはノビノビと、思い切ってプレイしよう、と」

 初のJ1優勝へ準備は整った。やることは、札幌戦で見せたアグレッシブさを失わず、そして自分たちのサッカーを貫くだけ。残り3試合、最後までこの緊張感を楽しめれば、自ずとタイトルに手は届くはずだ。

関連記事