2012.10.03

【日本代表】
ゴールを奪うためにポイントとなるアタッカーの「動き」とは?

 私が浦和でプレイしていたころ、ウーベ・バインから受けるパスがもっとも多かった。なぜかというと、彼は私が動き出すタイミングを、いつも見てくれていたからだ。同時に、彼がどんな状況からでもパスを出せる技術のある選手だったからでもある。広い視野を確保するために、常に顔を上げていられる余裕と、それを可能にする足元のテクニックがあった。

 私のほうは、ウーベがルックアップするときに動き出してタイミングを合わせていたし、シーズンの経過とともにタイミングを合わせやすくなって、受けるパスの本数も増えていった。それがいわゆる「ホットライン」と呼ばれるものだ。

 ザックジャパンでは、そうしたホットラインがかなり増えている。前田や香川だけでなく、岡崎慎司、本田圭佑ら前線と、ボランチ、サイドバック、さらにはセンターバックとのつながりもある。

「動く」ということと、「パスをもらう」ということが、実は必ずしもイコールではないことを理解したうえで、「ホットライン」やFWの動きをチェックすると、そこに攻守の駆け引きの面白さが見えてくるはずだ。

関連記事