2012.09.16

【Jリーグ】仙台との天王山を快勝。
広島が手にした王者としての「資格」

  • 原田大輔●文 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 見事に天王山を制した森保一監督は試合後、こう語った。
「首位決戦に臨むにあたって、ホームでの試合ですし、どんな形でもいいから勝ち点3を獲ってサポーターと喜びを分かち合いたいと思っていた。選手はその思いで、走って戦ってくれて、チームとして団結して勝利を目指してプレイしてくれた。首位は立ち止まっていては保てない。積極的な姿勢で突き進んでいきたい。これからも1試合1試合、地に足をつけて戦っていく」

 いかなる相手でも自分たちのスタイルを崩さず、自分たちのサッカーを貫こうとする指揮官の意志が、選手たちに自信を植え付け、芽生えさせたのだろう。広島は優勝チームが持つ勝者のメンタリティーをついに備えた。彼らに欠けていた、足りなかった、最後のピースはすでに埋まっているのだ。

 J1は残り9試合――広島がこのまま頂点に立つ可能性は広がった。それだけの強さを、この大一番で見せた。

関連記事