2012.06.11

【Jリーグ】福田×名波が語る「仙台、広島、磐田が上位にいる理由」

  • 小室 功●構成 text by Komuro Isao
  • 高須 力,山添敏央●撮影 photo by Takasu Tsutomu,Yamazoe Toshio

福田 それに、戦う気持ちが強い。どちらかというと品行方正なベガルタに、メンタル面でのプラスアルファーをもたらしたよね。

名波 大海は楽天家で、チームの雰囲気作りもうまいんですよ。

福田 攻撃面では、ウイルソンの働きが見逃せない。前線で起点になれるし、ハードワークもできる。チームがやろうとしている戦術にすごくマッチしている。

名波 ウイルソンと赤嶺真吾の関係性がいいでしょ? 赤嶺は(試合に)出続ければ、確実にふた桁(得点)は取れるだけの力がある。味方のための動き出しとか、おとり役とか、そういう仕事もいとわない。実際、数字につながっているように、お互いに点を取れる関係を築いている(13節終了時点で赤嶺、ウイルソンともに5得点)。

福田(チームの軸である)梁勇基がケガで出ていなかった序盤戦をうまく乗り切れたのも大きい。

名波 関口訓充や太田吉影、松下年宏といった攻撃力のある選手たちが(梁不在を)よく補っていたと思う。

すでにふた桁ゴールを記録した佐藤寿人がチーム躍進の原動力となっている。福田 2位のサンフレッチェ広島はどう?

名波 いちばんのサプライズですね。この順位にいるなんて、開幕前には想像できなかったから。

福田「出来過ぎ」というと、森保(一)監督には失礼だけど、それぐらいの驚きがある。

名波 昨季15ゴールのFW李忠成が抜けて、攻撃面が不安視されていたけれども、(佐藤)寿人が抜群にいい。早くも9年連続のふた桁ゴールを記録。これは、「大したもの」どころの騒ぎじゃないですよ。それほど、すごいこと。代表に値するプレイをずっと続けていると思う。

福田 確かにそう。寿人のところにボールが集まってくるし、寿人がやりやすい状況をチーム全体として作れている。