2012.05.28

【日本代表】
ザックジャパンのサイドバックに求められる資質とは?

  • photo by Fujita Masato

 中央に絞るとき、絞りすぎると自分のサイドにスペースが生じてそこを使われる危険性もあるし、反対に自分のサイドに残っていると空いた中央を使われる。どちらをケアするのかという、戦術的な判断ができなくてはいけない。

 相手FWをマークすることは簡単にできても、この「スペースをケアする技術」を身につけることは難しく、戦術理解度が高くなくては、正しいポジションをとれない。いま、どこが危険なスペースなのかを、論理的に分析できないといけないので、SBには頭のよさもなくてはいけないということだ。

 同時に、守るためには攻撃をしなくてはいけない。さきほどのラームとロナウドのケースで考えれば、ラームが攻撃する時間が増えれば、それだけロナウドが攻撃する時間を減らすことになるのだから、そうした駆け引きとバランスをとれるSBがいれば、それが守備時間の減少につながり、得点のチャンスは増える。そのためにも、SBには前に出ていく推進力、つまり相手を押し返すパワーも求められる。

 私が代表でプレイしていたころ、SB、とくに左サイドバックは人材不足と言われていたが、今は、長友に続く選手として、酒井高徳という有望な若手も頭角を現してきている。ともに欧州で活躍している選手であり、SBは日本人選手のレベルが高くなったことを証明しているポジションのひとつといえるだろう。

関連記事