2012.05.10

【Jリーグ】湘南、広島、浦和…増えてきた3-4-3とバルサ型の違い

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Tsukida Jun/AFLO SPORTS

 湘南のフィールドプレイヤー10人は、概ね菱形を維持していた。

 相手がサイドを2人がかりで突いてきたとき、その状態を保てるか。具体的には、相手ボールになった瞬間、「2シャドー」が、どこまで開けるか。サイドで相手と同数になれるか。守備的サッカーに陥るか否かは、この点に掛かっている。

 広島、浦和も湘南型に近い3-4-3で今季のJリーグを戦っている。浦和の現監督ペトロビッチは、昨年まで広島の監督だった人物。両者が似たサッカーをする理由である。さらに言えば、お互いに今のところ上位につけている。守備的サッカーに陥っているわけではない。10人 のフィールドプレイヤーは比較的長い時間、菱形を保っている。

 全ての試合を見ているわけではないので何とも言えないが、理由は相手方にある。「2シャドー」が、臨機応変なポジション取りをしているからというより、菱形をクリスマスツリー型に仕向ける姿勢が低いからだと思う。

 3バックには攻撃的なものから守備的なものまで、様々なスタイルがある。3-4-3は俗に攻撃的だといわれるが、そうではない場合もある。見分ける方法は全体図だ。クリスマスツリー型(守備的)なのか、菱形(中庸)なのか、はたまた逆クリスマスツリー型(攻撃的)なのか。

 バルサの0トップ気味の3-4-3は、まさに逆クリスマスツリー型。時に3-3-4になると、それはより鮮明になる。「3バックだから守備的」「4バックだから攻撃的」「3-4-3だから攻撃的」と、決めつけるのはマズい。暗記するものではない。フィールドプレイヤー10人の全体図が、どんな形をしているか。チェックすべきはこの点になる。

  ちなみに、これまで何度か披露されたザック式3-4-3は、逆クリスマスツリー型ではない。どちらかといえばクリスマスツリー型。攻撃的といいながら守備的に陥っている。4-2-3-1との相性、そして「高い位置からプレスを掛け、ピッチを広く使って攻撃する」という原技術委員長の方針を踏まえれば、中盤ダイヤモンド型のバルサ式3-4-3の方が日本には適している。僕はそう思うのだ。

●杉山茂樹氏のトーク・イベント開催!
週プレ大學「杉山茂樹 ザックJAPANと『3-4-3』」は、2012年5月24日(木)19:00開演予定。 会場は東京・恵比寿LIQUIDROOM Time Out Cafe & Diner(東京都渋谷区) 。受講料:2,500円(飲食費別)。
お申し込みはこちら>>

関連記事