2012.01.20

【Jリーグ】躍進の可能性十分。J2王者FC東京の新体制への期待

  • photo by Shimizu Keisuke/AFLO

充実した戦力で、安定した守備をベースに2011年のJ2で優勝したFC東京充実した戦力で、安定した守備をベースに2011年のJ2で優勝したFC東京


 攻撃では、シーズン途中で加入したルーカスが非常にきいていた。彼のところでボールがおさまるので、ルーカスを基点にして攻撃を展開することができるようになった。ルーカスは爆発的な得点力があるわけではないが、ミドルシュートも含めて自分でゴールも決めることができるし、まわりも使える。献身的に守備もするので、今季も彼が攻撃の軸になるのではないか。ケガから復帰する平山相太、横浜F・マリノスから移籍してきた渡邉千真にも奮起してもらいたい。

 中盤⑧⑨⑩は石川直宏、谷澤達也、羽生直剛らがチャンスをつくるし、ゴールにもからむ。下がり目の中盤には梶山陽平と高橋秀人が起用されることが多く、DF登録の高橋はボランチとして守備的なケアとカバーリングをしていた。高橋は身体能力も戦術理解度も高いし、バランスのとれた気の利いたプレイができる。ここに米本拓司が復帰すると、選手層は厚みを増すだろう。

 攻撃時は梶山が少し高めに上がり、4-1-4-1に近い陣形になっている。両サイドバックはそこまで積極的に上がってくる印象はないので、その点で守備の安定をまず考えていたのかなと思う。今季、左サイドバックには清水エスパルスから太田宏介が加入するので、ポジション争いも激化して、チームにとっていい刺激になっていると思う。

 また、守備については、センターバック③④の今野泰幸、森重真人、GK権田修一が非常に安定していて、この守備陣のレベルはJ1のチームと比べてもかなり高かった。しかし、ディフェンスの要の今野がガンバ大阪に移籍したので、これがどのような影響を与えるのか気になるところ。ジュビロ磐田から加賀健一を獲得したが、そうした補強がどこまで進むのかも今シーズンの結果を左右してくるだろう。