2022.02.03

森保ジャパン2連勝の立役者となった「E-BOX」。そのプラス効果で露わになった欠落点

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

 いずれにせよ、ひとりの新戦力の活用は、単なるひとり分の戦力アップにとどまらない。選手起用のバリエーションはいくつも増え、何よりチーム内の空気を循環させる。災い転じて、ではないが、そのプラス効果は想像以上に大きかった。

 いわゆる3ボランチの遠藤、守田、田中にしても、試合ごとに存在感を強めているのは確かだが、だからといってアンタッチャブルにしてしまえば、また別の不安要素を生み出すことにつながってしまう。3人を一緒にピッチに立たせ続けることで進む、コンビネーションの熟成ばかりに頼るのは得策ではない。

 もちろん、選手の入れ替えがすべてうまくいくとは限らない。しかし、それを怖がって無難なメンバーで固定してしまえば、チーム内に健全な競争が生まれないばかりか、対戦相手にとっては事前に分析しやすくなり、当然、対策も講じやすくなる。最終予選序盤の2敗に関して言えば、その側面があった印象は否めない。

 新戦力の活用で、チームを取り巻くムードがこれだけ変わるとわかった以上、もっと選手の入れ替えはあっていい。

 今回の谷口と板倉の起用にしても、吉田と冨安のケガがなかったら、実現していただろうか。これだけのプラス効果があるのに、それを自発的に行なえないのはもったいない。

関連記事