2021.11.29

森保一監督は本当に続投でいいのか。日本代表を取材してきた5人の見解

  • photo by Sano Miki

 予選は森保監督に勝ち抜いてもらうにしても、協会がその戦いぶりに可能性を抱けないと判断すれば、交代は思いのほかすんなり実現するだろう。

 ただ、いまこのタイミングではどうだろうか。日本人選手の実力を考えれば、普通に戦えば突破できる。交代にリスクは少ないと踏む筆者は、それなりの能力を持った監督を招聘すれば、なんとか予選は突破できると考える。

 監督交代はサッカーについて大真面目に考えるいいタイミングだ。多くの国民が目を凝らす代表監督が、レベルの高い采配をすれば、見る目は肥える。観戦者のレベルまで上昇する。代表監督には上等な人物が就く必要があるのだ。

 世界には実際、上等な監督がいっぱいいる。W杯本大会ベスト8の機運は彼らを招いて初めて高まるというもの。サッカー協会のいい監督を見つけ出す力に期待したい。

オーストラリア戦で殊勲の浅野拓磨を迎える森保一監督オーストラリア戦で殊勲の浅野拓磨を迎える森保一監督 この記事に関連する写真を見る イエス。リスクを考慮すれば予選は現体制で乗りきるしかない
小宮良之

 アジア最終予選を通じ、森保一監督が最高の結果・内容を見せることができていないのははっきりしている。

 石橋を叩いて渡る慎重さが裏目に出たのか、選手起用は硬直化した。低調な長友佑都、大迫勇也に固執。南野拓実の本来の力を引き出せず、遠藤航まで消耗させ、プレー精度を落としてしまった。

 一方で、システムに囚われすぎている。あくまで守備を補強した程度の効果しかなかった4-3-3にこだわり、ベトナム戦は守田英正の代わりに柴崎岳を起用。挙句、戦術的に無残なノッキングを起こした。相手の中盤がダイヤモンド型でアンカーがフリーになることは十分予想できたはずで、4-2-3-1でトップ下を置くべきだったが......。

「勝つことがすべて」

 森保監督はそう言うが、それは一か八かの最終戦で納得できる話だろう。予選を通してずっと「勝つことがすべて」では、「世界」を視野に入れる強化と矛盾する。正直、森保ジャパンは泥沼にいる。

 しかしそうであっても、残り4試合で森保監督を解任するのはリスクを伴うだろう。はっきりと言えば、後任候補がいない。