2021.11.22

「チームはバラバラ」疑問と不安を抱えながらも奮闘。今野泰幸が自らの日本代表ベストゲームに挙げた意外な一戦

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by AFLO

 コンちゃんみたいに誰かのためにプレーできる汗かき役が、今のチームにはいない。だからコンちゃんは、そういう仕事をやればいいんじゃないかな――。

「そう言ってもらって、結構スッキリできました。うまいことやろうっていうより、五分五分のボールをマイボールにするとか、相手ボールをちょっと突っついてマイボールにするとか。とにかく自分ができることだけをやろうって思いました。

 ふたりからのアドバイスは、かなり大きかったです。心のなかを整理して試合に臨めました」

 UAE戦直前にかわした本田とのちょっとしたやりとりも、今野は今でも記憶に留めている。

本田「コンちゃん、緊張してる?」
今野「緊張してるよ、そりゃあ」
本田「大丈夫だよ、何があっても死ぬわけじゃないんだし。思いきりやればいいよ」

 短い会話だったが、「それでちょっとほぐれたっていうか、その言葉は印象深いです」。

 UAE戦で今野が任されたポジションは、4-3-3の左インサイドMF。本来なら周囲との距離感や連係に配慮すべきなのだろうが、理詰めで役割を与えられていたわけではない。

 今野自身の感覚としては、「周りとの連係とかいうよりも、自分がやることだけに集中する感覚に近かった」という。

「正直、練習時間も周りと合わせる時間も少なかったので、ノリでやっていた部分が大きかったです。僕って結構、昔は考えてプレーするより、動物的な勘というか、本能的にプレーしていたんですけど、なんか昔を思い出した感じでした。

 本能的にボールを奪えると思ったら行くし、チャンスだと思ったら前に出るし。僕にしてみれば、そのノリがピッタリとハマっちゃった感じの試合でした。たくさんボールも奪えたし、得点もとれちゃったし、なんかうまくいったな、っていう(笑)」

 と同時に、少なからず不安を抱えていた今野にとっては、日本が前半14分という早い時間に先制できたことも、大きな心の支えとなった。

「守備はみんなでがむしゃらにやれば、何とかなる手応えはあったけど、攻撃に関しては、紅白戦をしていても『どうやって点とるんだろう?』っていうのは感じていました。ましてや、インサイドハーフに守備的な僕がいるんですからね(苦笑)」