2021.11.22

「チームはバラバラ」疑問と不安を抱えながらも奮闘。今野泰幸が自らの日本代表ベストゲームに挙げた意外な一戦

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by AFLO

 もちろん、「サッカーは好きだし、日本代表戦は見ていても面白いし」、試合は欠かさずチェックしていた。この時の最終予選初戦でUAEに敗れた時も、「最終予選ってそんなに甘いもんじゃないし、若い選手もそういう経験をしながら成長していく場だと、そういう(客観的な)感じで見ていました」。

 にもかかわらず、初戦で敗れた相手とのリターンマッチで、しかもキャプテンを欠くなかでの大抜擢。「なぜ、ここでオレ?」。それが今野の本音だった。

 チーム合流後も、ハリルホジッチ監督から唐突な招集の経緯を聞かされることはないまま、「ただ、みんなと一緒にトレーニングするだけ。とにかく自分なりに考えて、解釈して、自分のやるべきことを考えてやるだけでした」。

 ところが、疑問や不安を抱えつつも覚悟を決めて飛び込んだ日本代表は、自分が知るかつての姿とはまったく異なるものだった。

「正直言って、練習をやっていても、あまり雰囲気よくないぞ、というのはすごく感じていました」

 今野がためらいがちに口を開く。

「なんかチームがバラバラというか、選手が監督に反発しているというか......、紅白戦をやっていてもあまりいい雰囲気ではなく、むしろサブ組のほうがアピールしてやるぞって、いいプレーをしていたり。こういう状況でチームってうまくいくのかな、という思いはありました」

「とにかくピッチに立ったら100%の力を出すしかない」と頭では理解しているが、どうにも気持ちがスッキリしない。そこで今野は、旧知のチームメイトに率直な思いをぶつけてみることにした。

「ふたりは僕より年下ですけど、経験があるし、いろんな修羅場をくぐってきた選手なので。何より本音でぶつかれば、本音で返してくれる人たちに相談しました」

 訪ねた相手は、本田圭佑と岡崎慎司である。

「今の日本代表は、チームとしてうまくいってるのか?」
「このチーム状態のなかで、オレはどうすればいいのか?」

 そんなことを包み隠さずぶつけると、彼らは必ずしも良好とは言えないチーム状態に触れ、こんな話をしてくれたという。