2021.07.30

スペインの名指導者が久保建英の守備を評価。気になったのはメキシコ戦と同じ改善すべき点

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by JMPA

◆スペインの名指導者が推す東京五輪でカギを握る7人。「U-24世代では1、2を争う逸材」と絶賛した選手は?

 アディショナルタイムには、カウンターから途中出場のFW前田大然が4得点目を入れた。ちなみに前田はトップでプレーすべきだろう。サイドはやや厳しい」

 エチャリは、各選手に対して寸評を加えながら、最後にこう締めくくった。

「日本は戦いの中で、戦術的にも成長を示してきた。しかしながら、メキシコ戦で指摘した自陣でのファウルの多さは、フランス戦でも改善されていなかった。失点は回避できたものの、セットプレーの時に一番、失点の危険を迎えていた。これが競り合ってる終盤だと、致命傷になりかねない。メンタルコントロールし、戦術的に対応することで、もっとファウルは減らせるはずだ。

 いずれにせよ、グループリーグ3連勝での決勝トーナメント進出を心から祝福したい。準々決勝、ニュージーランド戦でも日本の武運を祈る」

関連記事