2021.07.25

スペインの名指導者が指摘したU-24日本代表の修正点。「バランスの良さを失っていた」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by JMPA

 最後はアクシデントが起こっても不思議ではなかった。率直に言って、"試合の終わらせ方"が今後の修正点だ」

 エチャリはそう言って、白星スタートになったことを驕らず、勝って兜の緒を締めることを求めた。

「日本は先制点を取るまでは、我慢強くプレーすることができていた。各ラインが緊密に陣を張り、攻守両面で主導権を握った。すばらしいスタートだったと言える。しかしリードを守ろうとして、チームとして土台であるバランスの良さを失っていった。その結果、南アフリカのパワーのある攻撃に対し、後手に回っていた。

 もっとも、こうした短期決戦は結果がすべて。今は日本の勝利を祝福したい。次のメキシコ戦は、自分たちの戦い方を信じて戦い続けるだけだ」

関連記事