2020.11.19

「ポット4」の日本の現状を鑑みれば、
確かな収穫があったメキシコ戦

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 日本サッカー協会●写真 photo by JFA

 試合序盤、メキシコは高い位置からプレッシャーをかけてきた。日本はこれに苦しみ、なかなか前にボールを運ぶことができなかった。

 だが、前半10分を過ぎたあたりから、日本はメキシコのプレスをはがせるようになった。

劣勢のなかでもチャンスを生み出していた伊東純也 特に15分の鈴木武蔵のシュートにつながったシーンや、28分に伊東純也がクロスを入れたシーンなどは、柴崎岳と遠藤航のダブルボランチが、ときに縦に、ときに横に互いのポジションを取りながら、タイミングのいい縦パスを出すことで生まれたチャンスだった。

 結果的に、そこでのチャンスを生かせず、日本は強烈なしっぺ返しを食うことにはなった。だが、前半の戦い方は決して悪くなかった。そこでのチャンスで得点できていれば、試合は異なる展開を見せていたに違いない。

 もちろん、「後半が本当のメキシコのレベル」(吉田)だろう。

 だが、番狂わせを狙う日本にとっては、いかに相手のスキや油断をつくかが勝負であり、"本当のメキシコ"が相手になれば、勝ち目が薄くなることは承知のうえである。

 吉田は、日本がベスト8に進出するためには「ポット2に確実に勝って、ポット1にどれだけ戦えるかがカギになる」としたうえで、「わかっていたことだが、ここらへん(ポット2のチーム)に確実に勝つ力は、自分たちにはまだまだないと感じた」と話しているとおりだ。

 そもそもポット2に確実に勝てる力があるくらいなら、日本がポット2に入れることになってしまう。