2020.06.05

遠藤保仁が試合の流れを変える進言。
南アW杯デンマーク戦にしびれた

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • photo by AFLO


 この2度のビッグチャンスで流れを完全に手繰り寄せると、敵陣の右サイドでFKを獲得する。ボールの前で仁王立ちしていた本田圭佑が、ゆっくりと助走に入る。

 次の瞬間、本田の左足によって命を吹き込まれたボールは、予測不能な軌道で揺れながらデンマークゴール左サイドネットを撃ち抜くのだ。

 バックスタンドに向かって走り、ガッツポーズをして雄叫びをあげる本田。一方、デンマークのゴール前では、GKトーマス・セーレンセンが信じられないといった様子で、うなだれていた。

 正直に言えば、初戦のカメルーン戦に勝利した時には戸惑いがあった。4年間、代表チームの取材を重ねてきた身からすると、チームの急激な変化とどう折り合いをつければいいのかわからなかったのだ。

 キャプテンが中澤佑二から長谷部に代わり、GKも楢崎正剛から川島永嗣に代わった。中村俊輔、内田篤人、岡崎慎司がスタメンから外れ、本田が1トップで起用された。