2020.06.05

遠藤保仁が試合の流れを変える進言。
南アW杯デンマーク戦にしびれた

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • photo by AFLO


 立ち上がりから攻勢に出たデンマークは、トップ下のヨン・ダール・トマソンが自由に動いてチャンスを作る。すると、7分過ぎに遠藤がピッチサイドに駆け寄り、岡田監督に何やら進言する。

 この時、遠藤が申し出たのは、3ボランチへのシステム変更だった。

 4−2−3−1のデンマークと同じフォーメーションで迎え撃った日本は、トマソンを捕まえ切れなかった。そこで阿部をアンカーにして、トマソンをマークさせようとしたわけだ。

 しばらく様子を見た指揮官だったが、11分に右サイドの背後に潜り込んだトマソンにクロスを入れられ、ピンチを招くと、長友佑都にシステム変更の指示を出す。

 もし、この決断が5分遅れていたら、先制点を奪ったのはデンマークだったかもしれない。それほどデンマークの攻撃は鋭く、日本はゴールを脅かされていた。

 守備の安定を図って4−1−4−1に変更した日本は、攻撃のリズムも取り戻す。

 直後の13分、大久保のクロスに松井が飛び込むと、数十秒後には抜け出した長谷部がフィニッシュへと持ち込む。