2020.06.05

遠藤保仁が試合の流れを変える進言。
南アW杯デンマーク戦にしびれた

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • photo by AFLO


 決勝トーナメント進出をかけたグループステージ最終戦は、日本とデンマークによる直接対決——。

 6月24日、極寒のルステンブルクで20時30分にスタートしたゲームは、両チームにとってまさに運命の一戦だったのだ。

 試合前からの痺れるようなシチュエーションに加え、キックオフと同時に手に汗握る展開となった。

 まず驚かされたのは、日本のフォーメーションである。

 それまでの2試合は大久保嘉人と松井大輔をサイドハーフで起用し、遠藤保仁、阿部勇樹、長谷部誠の3ボランチで戦ってきた。しかしこの試合では、スタメンの顔ぶれを維持しながら、遠藤と阿部を2ボランチに据え、長谷部を右サイドハーフ、大久保をトップ下、松井を左サイドハーフに置く4−2−3−1に変えてきたのだ。

「いい流れで来ているのだから、引き分け狙いではなく勝ちに行く」

 岡田武史監督は選手たちにそう話し、攻めの姿勢を打ち出した。

 だが、本当に痺れたのは、そのあとだった。