2020.05.27

井原が明かす韓国戦の豪快ミドルと
悪夢のPK、ファルカンのスピード解任

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

 しかし、後半6分に韓国が同点に追いつくと、そこからは日本のウイークポイントを徹底的に突いてきた。遠藤昌浩の左サイドを標的にして、試合をひっくり返しにかかった。ファルカンは火だるまの左サイドに岩本輝雄を入れて遠藤をフォローさせ、攻撃で劣勢を挽回しようとした。だが、ようやく鎮火しつつある時、日本は失点し、1-2とリードを許してしまった。

 時計の針が刻々と過ぎるなか、日本は韓国に圧をかけ、前掛かりになった。だが、ゴールを奪えず、今度はなんとなく嫌なムードが漂っていた。

 このまま終わってしまうのか――。

 そんなことが頭の中にチラつき始めた後半41分だった。

 岩本からのスローインを、ハーフウェイラインを越えたところで井原が受けた。最初はパスの出しどころを探っていた井原だが、自ら勢いをつけて持ち上がると豪快に右足を振り抜いた。すると30mもの弾丸シュートがGKの手から逃げるようにゴール右に突き刺さったのだ。

 起死回生の同点シュートにピッチとスタジアムが爆発した。井原は珍しく大きなガッツポーズをして、全身で感情を露わにした。森山佳郎や名塚善寛らが井原を囲み、笑みを見せる。半死の日本を救ったパワフルな一撃は、日本サッカー史に残るすばらしいミドルシュートだった。

 井原が回想する。

「あのシュートは、最初から狙っていたわけじゃなかったんです。ボールを持った時、もう時間もなかったし、ちょうど花道みたいのができてそこにうまくボールを運んでいけたのと、ここで追いつきたいという意識があった。それがあのシュートにつながったんだと思います。打った瞬間、軌道が見えたんですが、『入る』というよりも『入ってくれ』って感じでしたね(笑)。