2020.01.31

闘将・柱谷がラモス瑠偉に最後通告。
オフトジャパン初優勝の夜の叫び

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai Keijiro

 オフトは無名の外国人監督として、ラモスをはじめ選手たちから疑心暗鬼の視線で見られてきた。だが結果を出して、選手たちの信頼を勝ち取ることができた。オフトは、最初の大きな賭けに勝ったのだ。

 だが、それでもラモスだけはオフトのサッカーに納得していなかった。

 ラモスは大会中、ケガを抱えていたこともあって4試合すべて途中出場だった。決勝の韓国戦の2得点は、ラモスがつくったチャンスから生まれたもので、「違い」を見せつけた。だが同時に、出場すると中央突破にこだわり、潰され、攻撃が停滞するシーンが増えた。柱谷は「外! ワイド、ワイド、福田(正博)を使え」と叫んだが、ラモスは聞こえないふりをして中央にボールを運んでいった。

「結果が出てもラモスだけは不満な表情だった。なんか気に食わないんだろうね。でも、現実はサイドで福田が活き活きとしていいプレーしている。それなのにラモスはサイドを使わない。それに『武田(修宏)はダメだから高木(琢也)に代えてくれ』とか、自分の使い勝手のいい選手を要求していた。

 ラモスには、プロとしてのプライドと共に、こういうサッカーをして勝つんだという勝ち方に対してもプライドを持っていた。この人は自分のサッカー観を曲げない。でも、プロの監督としてオフトは結果を出した。結果を出した以上、我儘は許されない。みんなもオフトを信頼し始めていたんで、この空気を壊すわけにはいかないと思い、ラモスにキャプテンとして釘を刺しに行ったんです」