2020.01.14

CB岡崎慎が明かす「痛恨の失点」理由。
勝負時の「見極めが甘かった」

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 打ちのめされてあらためて感じたのは、チームを勝たせられる選手になることの重要性だ。こいつをピッチに置いておけば勝てる、こいつがピッチにいたら安心できる。監督にそう思わせることができたなら――。

「勝たせられるような選手だったら、今後も代表に選ばれると思いますし、逆に僕がFC東京で試合に出られないのは、そういうところなんじゃないかと。もっと『俺が、俺が』とやるべきなんじゃないかって。そういうところに気づかせてくれた2試合でした。

 東京では、森重(真人)選手が背中でチームを引っ張っている。自分もそういう選手になっていきたい。守備で安心させられる選手になるために清水(エスパルス)に行くので、本当に1日、1日を大切に過ごしていきたいと思います」

 中学時代から所属してきたFC東京を初めて離れる勝負のシーズン。そのスタートは苦いものになったが、先の長いサッカー人生を考えた時、今大会で負った疵(きず)は、今後の糧になるものに違いない。

 この悔しさ、不甲斐なさが心に刻まれているかぎり、岡崎慎の進化は止まることがないはずだ。

関連記事