2020.01.14

U-23代表齊藤未月の反省があぶり出す「きれいすぎるチーム」の問題

  • 井川洋一●取材・文 text by Igawa Yoichi
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

「(何度か放ったミドルについて)あれを決めていかないと、代表には生き残れないとすごく感じました。もう守備だけじゃダメですよね」

 齊藤の悔しさは痛いほど伝わってきた。けれどニュートラルに言って、この日の日本では、もっとも健闘していた選手のひとりだったと思う。2枚の中盤を敷くなら、確実にひとりは汚れ仕事を厭わない選手がいい。すべてを完璧にこなせる選手などいない。どこかでトレードオフする必要があり、足りないものを補う合う関係性を構築すべきだ。

「ピッチのなかで解決できることもあるけど、このチームはコミュニケーションが少ないと思います。もちろん自分も言わないといけないのに、今ここでしか話せていない。それは自分の甘さであり、弱さ。(特長のリーダーシップも)出せなかった。オレはまだまだです」

 技術や攻撃面には改善の余地を大きく残すが、心身のタフネスや仕事量では誰にも負けていない。そんな選手は「きれいすぎるチーム」に必要な戦力だと考えるが、はたして”ジャパンズウェイ”の物差しではどう評価されるのだろうか。

関連記事