2019.11.05

久保建英の能力が日本代表チームでさらに生きるのはどのポジションか?

  • text by Tsugane Ichiro
  • photo by Getty Images

 リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドのように”特別”な選手ならば、その選手が力を最大限に発揮できるようにチームをつくるのも手だが、ポテンシャルの高さは世界中が認めるところではあるものの、久保はまだその域にあるわけではない。久保には、与えられた時間のなかで自分のよさを生かし、存在感を示しながら、一段ずつステップアップしていってほしい。

 W杯アジア2次予選は、11月14日にアウェーでのキルギス戦があり、11月19日には大阪でベネズエラとの親善試合が組まれている。現状の日本代表での久保は、攻撃のオプションという位置づけと思われるが、ここでのプレーの出来がスタメンへ近づくことになる。彼がどんなプレーを見せてくれるか楽しみにしたい。

関連記事