2019.10.17

屈辱を糧に。中山雄太はセレソンを
奈落の底に突き落とした

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • photo by AFLO

 敵地でのブラジル撃破の興奮が冷めやらぬミックスゾーンで、中山は普段どおりのポーカーフェイスを保ちつつも、ちょっぴり清々しい表情で先を見据えた。

「クラブで活躍して代表に呼ばれる、というサイクルがベスト。僕はまだ、そうではない。代表の活動はこれでいったん終わるので、自チームでまたしっかりがんばりたい」

 目指すべきものは、まだずっと先にある。本人のなかでは、まだスタートラインに立ったに過ぎない、という程度の感覚だろう。しかし、U-22日本代表にとって、頼れるキャプテンが戻ってきたのは、間違いない。

関連記事