2019.09.17

スペインの戦術家が説く森保Jの
攻撃の特徴。「支持したいスタイル」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 そしてエチャリは、最後にこう締めくくっている。

「日本はバランスを崩さず、わずかなスペースを利用しながら、決定機を数多く作った。中島、堂安の2人は、守りを固めた相手に対して戦術軸となっていた。大迫は中盤の選手のような連係を見せてプレースピードを上げ、南野はエリア内で脅威を与えていた。はっきり言って、攻撃トレーニングのような展開だった。

 カタールワールドカップに向け、日本が最高のスタートを切ったのは間違いない。今後の幸運を祈る」

(つづく)


関連記事