2019.07.18

世界2位の快挙から20年。
酒井友之は「新・黄金世代」を育てたい

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

「20年前と比べると日本サッカーのレベルが上がってきているし、全然違うものになってきている。でも、自分たちの記録が破られていないのは、ちょっと不思議な感じがしますね。20年前の自分たちが間違いなく世界と戦える力があったということですし、それは誇りに思っています。ただ、ユースでも早く世界で優勝できる世代が出てきてほしいですね。今は、若くして海外に出ていく選手が増えているけど、海外組が全員スタメンになるぐらいになれば、結果が出るのかなと思います」

 酒井がワールドユースで戦った時は、チームでは永井雄一郎が唯一、ドイツ(カールスルーエ)から参戦した海外組だった。今やA代表の選手は全員が海外組になりそう気配だが、東京五輪世代の選手たちも若いうちから海外に渡り、主力としてプレーしている選手も出てきている。

 若い世代が世界に出ていって活躍している中、酒井と同世代の小野伸二や遠藤保仁らも、まだ現役でプレーしている。「すごいこと」と酒井は笑うが、彼らのプレーは気になって今も見ているという。

「同世代の選手にまだまだ頑張ってもらいたい。40歳になってもやれるのは、本当に力があるから。ほんと黄金ですよね(笑)。自分はもう引退してしまったんで、最後までみんなのプレーする姿を見守っていたいなって思います」

 酒井たちの代で引退した選手は、その多くが指導者の道を歩んでいる。

 選手としてだけではなく、今後は指導者として黄金の輝きを発してほしい。そうして彼らの世代が指揮するU-20代表チームが準優勝を超える。その時、黄金世代が時代を席巻したように、日本サッカー界を大きく変える「新・黄金世代」が生まれてくる。

 酒井たちの黄金世代は、そんな未来を描ける世代でもある。

(おわり)

酒井友之
さかい・ともゆき/1979年6月29日生まれ、埼玉県出身。2013年に現役を引退し、浦和レッズのハートフルクラブのコーチに就任。その後ジュニアチームのコーチを務め、現在はジュニアユースチームコーチ。ジェフユナイテッド市原ユース→ジェフユナイテッド市原→名古屋グランパスエイト→浦和レッドダイヤモンズ→ヴィッセル神戸→藤枝MYFC→ペリタ・ジャヤ(インドネシア。以下同)→ペルセワ・ワメナ→ペリシラム・ラージャ・アンパット→デルトラス・シドアルジョ

関連記事