2019.07.06

「久保建英の非凡さが見えた」スペイン人指導者が森保Jを個別評価

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Watanabe Koji

 エクアドル戦でも出色のボールスキルを見せている。久保建英、岡崎慎司との連係もよかった。先制点のシーンで岡崎に出したスルーパスは抜群だったし、こぼれ球にも集中し、シュートを狙っていた。ただ、久保から受けたボールをループで打ったシーンに関しては、GKが前に出ていてアイデアとしては悪くなかったものの、最善の選択は隣を走っていた三好康児へのラストパスだった。3人ものディフェンスを、自らひとりに集める戦術的優位に立っていただけに、惜しまれるシーンだ。

三好康児(横浜F・マリノス)

 ウルグアイ戦とエクアドル戦に先発。ウルグアイ戦では2ゴールを決めただけでなく、守備でも相手のビルドアップを分断し、プレーセンスの高さを示している。基本技術が高く、先制点で柴崎岳のパスを受けたときのコントロールの正確さは特筆に値する。この試合、一番高い評価を受けるべき選手だ。3点目も奪えるチャンスがあったにかかわらず、判断が遅れてしまい、シュートはブロックされている。

 エクアドル戦では久保、岩田智輝とのコンビネーションを使って、巧みにゴールへ迫るシーンがあった。また、長いパスを適切なポジショニングで引き出している。動き出しも献身的だった。中島がループシュートを狙ったシーンでも、適切なランニングをしていた。しかし、ゴール前で守備をする局面では、しばしば劣勢に立たされている。失点シーンもそのひとつだろう。

前田大然(松本山雅)

 チリ戦で右の攻撃的MFで先発。前線からの守備の献身に関しては、一定の評価をするべきだろう。エクアドル戦は交代で出場。久保からのパスを受け、独走できるチャンスだったが、コントロールで失敗し、シュートも打ち損じていた。

久保建英(レアル・マドリード)

 チリ戦にトップ下で先発。能力の高さを随所に見せている。ボールを受け、運び、タイミングを取ることができる。同時に周囲も彼が作ったスペースを使える。左サイドを走った安部裕葵にパスを出し、クロスが逆サイドの上田にわずかに合わなかったシーンは、最たるものだろう。前半、大きく外れたが、左足FKも得意とする。左足のキックに自信を持っている。相手の裏を取れる技術と速さがあるだけに、後半にはするすると抜け出し、シュートまで持ち込んだが、わずかに外へ逸れた。