2019.04.08

辻本茂輝が驚愕。世界2位になった
「黄金世代」は何がすごかったのか

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 説田浩之●撮影 photo by Setsuda Hiroyuki

 実際、カメルーン戦では何度か裏を取られて、危険なシーンが再三あった。そして、試合は2失点して負けた。

 だが、手応えがなかった、というわけではなかった。辻本が言う。

「ミスは修正できる範囲のものやったし、ラインコントロールは大会前の試合(ASレッドスター93戦)よりもスムーズにやれた。試合を重ねていけば、『もっとよくなるやろ』と思ったし、その自信もあった。

 でも、ほんまにすごかったのは(日本の)攻撃ですよ。伸二を含めて、中盤よりも前の選手があまりにも強力で、僕らは前の選手に(ボールを)預けておくだけで、『あとはがんばってください』という感じやった。後ろから見ていて、絶対に点を取ってくれるという信頼感があった。試合は負けたけど、『ここからイケるやろ』って、そう強く思いましたね」

 辻本の信頼どおり、グループリーグ2戦目のアメリカ戦では、日本の攻撃陣が躍動。3-1で快勝した。

 守備陣もラインを高く維持し、前からプレスをかけられるようになった。だいぶ形になってきていたが、トルシエ監督は大会中も練習でラインの上下動を繰り返すなど、"フラット3"をすり込むことを継続していた。

(写真左から)中田浩二、手島和希、辻本茂輝が「フラット3」を担った。photo by Yanagawa Go グループリーグ第3戦のイングランド戦ではそれが功を奏したのか、2-0と勝利。初めて相手を完封することができた。