2019.03.13

FW人材難の森保J。とっておきの
ストライカーは北の大地にいた

  • 飯尾篤史●文 text by Iio Atsushi
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio


長崎を経て札幌で覚醒しつつある鈴木武蔵 ストライカーにとって、自信は成長するうえで何よりの肥やしとなる。その点で昨シーズン、J2に降格した長崎で、自身初のふた桁ゴールとなる11ゴールを決めたという事実が、大きな拠りどころとなっているのは間違いない。

 加えて、長崎時代の恩師であり、現役時代に「アジアの大砲」と呼ばれ、日本を代表するストライカーだった高木琢也監督から「学んだことがある」と言う。浦和戦後、鈴木がその内容を明かす。

「ゴールを取りたいと思い過ぎないように、メンタルコントロールすることが大事だと高木監督から教わった。長崎でやってきたことが今、すごく生きている。もちろん、去年得点を取れたという自信もそこにつながっている」

 今シーズンから所属する札幌は、手にした自信を膨らませ、確かなものとするのにうってつけの場所だろう。チームを率いるのは、ボール支配を基盤としたパスサッカーの信奉者である”ミシャ”ことミハイロ・ペトロヴィッチ監督である。浦和時代に指導を受けた日本代表の原口元気(ハノーファー)も、「攻撃のアイデアがあれだけ豊富な監督を他に知らない」と称賛する指揮官だ。

 ペトロヴィッチ監督就任から1年ちょっとしか経っていないが、すでに札幌は攻撃のバリエーション豊かなチームへと変貌を遂げている。前線で相手DFと駆け引きしていれば、ゴールチャンスはいくらでもめぐってくるだろう。