2019.02.05

個、任せの限界。アジア相手に失った
日本らしさ。森保Jの未来に暗雲…

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 見方を変えれば、お人よしだとか、勇気がないとも言えるだろう。だが、それがよくも悪くも特性なのだから、簡単には変われない。自分たちにしか持ちえないものがあるならば、それを短所と考えるより、長所と考えるほうがずっと前向きだ。

 もちろん、代表チームはクラブチームと違い、十分な時間をかけてチームを形作っていくことが難しい。森保一監督のここまでのチーム作りを見ていると、最低限の決め事だけを落とし込み、あとは選手個々の即興に任せているように見える。

 それがいい方向に出たのが、昨年行なわれたいくつかの親善試合ということになるのだろう。「個」か「組織」かの大まかな二択で言えば、「個」を重視。代表チームが置かれた状況を考えれば、ある意味で当然の手法ではある。

 しかしながら、個人の能力を高めないと世界とは戦えないと気が急くあまり、せっかくの日本のよさを見失い始めてはいないだろうか。

 アジア勢が相手でさえ、「日本らしさ」が発揮されなかった様子を見て、日本代表の先行きに、少なからず不安を感じている。

関連記事