2019.02.03

もはや1ストライカーにあらず。
大迫勇也が「自分に責任」と言う理由

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

「上の世代が抜けて、年齢的にも立場的にも、引っ張っていかなきゃいけないというのは、個人としてもわかっているつもりです。そのなかで優勝できなかったというのは、僕個人にもすごく責任はあると思います。ただ、まだまだ取り返すチャンスはあるので、切り替えて、また続けてレベルアップするしかないと、大会が終わって感じています」

 大迫の中心選手として役割は、ピッチ内での戦術や判断というレベルにまで広がっている。もはや、単に前線で身体を張ることでチームに貢献しているストライカーではないのだ。
 
 森保ジャパンは今後も当面、大迫が引っ張っていくことになるだろう。

関連記事