2019.01.15

解せない森保監督の選手起用。
目先のタイトル、未来も見えてこない

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 日本はグループリーグ第2戦で、オマーンに1-0で勝利。2連勝の日本はグループ2位以上が確定し、第3戦を待たずして、決勝トーナメント進出を決めた。

 内容的に言えば、ほめられる試合ではなかった。

 立ち上がりから次々に決定機を作りながら、それを得点に結びつけられず、相手のやる気に火をつけてしまう。得点を取れるときに取っておかないと痛い目に遭うという、典型的な試合である。実際、幸運なPK判定を味方につけて1点をリードしたあとは、日本のチャンスが減少する一方で、オマーンの攻撃を受ける回数は増加した。

グループリーグ第2戦、オマーン相手に苦しんだ日本代表 とはいえ、「(1点リードの後半は)"事故"が起きないようなパス回しをした。(追加点を取りにいく)思い切りのよさに欠けたという見方もできるが、これもひとつの策というか、戦術だと思う」とMF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)。スコアのうえでは最少得点による辛勝だが、両チームの実力差を考えれば、勝敗に関しては妥当な結果だろう。

 わずかな事前準備で臨んだ大会の2試合目。加えて、明らかに力が劣る相手と戦うことの難しさも考慮すれば、キャプテンのDF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)が言うように、「(今の日本代表は)新しいチームで、新しい選手。苦しい試合を一つひとつ勝っていくことが自信になる」と、前向きに捉えてもいい試合ではないだろうか。