2019.01.10

看過できない点がある。森保Jの
アジア杯初戦は、まれに見る酷い試合

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 ところが、日本は試合を落ち着かせることができず、漫然と攻めに出てはボールを失った。試合の主導権を握り、トルクメニスタンに勝利をあきらめさせることができなかった。

 その結果が、1失点目と同様、中盤でのボールロストをきっかけに、カウンターを受けてのPK献上である。この試合で日本代表では初めてボランチを務めた、冨安が振り返る。

「3-1になった時点で、そのまま終わらせないといけなかった。ボールを回しながら、(攻撃に)いけるときはいくというのは簡単なことではないが、やらなければいけない。自分自身もよりバランスを考えたりとか、もっとはっきりと(3-1で終わらせるために必要なことを)やってもよかった」

 吉田は「3-2になって、これはヤバいと正直思った」と振り返っていたが、むざむざ勝ち点3をフイにしかねない稚拙(ちせつ)な試合運びである。

 これから徐々にギアを上げていけばいいと、余裕の体で初戦に臨んでいるチームにしては、カッコ悪い締めくくりだった。

関連記事